<< 不幸になる法則〜其の1 相手に求める〜 | main | あなたの愛は歪んだ愛? 本物の愛? >>

スポンサーサイト

  • 2010.12.22 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


不幸になる法則〜其の2 認めてほしい!〜

★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

年間20万アクセス 突破♪
               「 こ こ ろ の ゴ ミ 箱 」


★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんにちは。

今回は不幸になる法則、其の2「認めてほしい!」をお伝えしていきます。



これは、相手に対して「自分のことを認めたもらいたい!」と思うことから始まります。


会社の中で、上司に自分のした仕事を認めてもらいたい!


家庭の中で、親に自分のやりたいことを認めてほしい!


世間に対して、自分のしていることを認めさせてやるんだ!




このように、「相手から認められたい」と思うことは、自分に自信がないときに起こります。


自分に自信がないため、相手に認められることで、その自信を得るのです。




このとき、周りにあなたのことを認めてくれる人、褒めてくれる人がいれば、あなたは自然と自信を得ることもできるでしょう。


しかし、周りにいる人がなかなかあなたのことを認めてくれない、褒めてくれないとき、あなたは自信を失うことになるのではないでしょうか。




そして、いつしか自分のためにしていたことが、相手に認められることだけに執着してしまうことにもなりかねません。



こうなってしまうと、完全に相手の言動や行動に振り回されることになります。


それは、あなたの人生の舵を相手に与えてしまうことになるため、自分で人生をコントロールすることができなくなるのです。





そこで、人生の舵を自分でしっかり持って進んでいくために、

自分で自分のことを認めてあげることが大切になってきます。




以前も少しお伝えしたように、自分で決断することに正しいも間違いもありません。



なぜなら、あなた自身が「道」となるからです。



周りの意見を聞いて、それを判断材料にすることは大事なことですが、決断まで相手に委ねてしまうと、それはあなたの人生ではなくなってしまいます。



そこに、幸せや豊かさ、充実感は存在しません。




もし、今まで相手の同意を求めていたのなら、自分の決断に自信と誇りをもちながら、行動していきましょう。



もし、その行動が誤っていたとしても、その都度改善していけばいずれ良い結果につながります。

成功するために、失敗は欠かせない要素なのです。




そして、相手に認めてもらうことを手放し、自分で自分のことをまずは認めてあげましょう♪


それでは、次回もお楽しみに。

スポンサーサイト

  • 2010.12.22 Wednesday
  • -
  • 18:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
はじめまして。

私は自分の仕事をしていて「自信が無いなぁ」と感じる事が多いのですが、
記事を読んでなんとなく解決の道が見えた気がします。
ありがとうございました。
はじめまして、ほいむんさん。

励みなるお言葉こちらこそありがとうございました♪
  • 心のエコ運動家
  • 2009/10/11 1:58 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/11/25 8:03 PM
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM